2007年01月09日

ブログ、引っ越しました

 このブログ、アメブロへ引っ越しました。

 リニュブログはコチラ↓
 「続・魁!KIMONO塾」

 以後は、コチラでお会いしましょ〜
 ここは、そのうちに閉鎖いたします。

 今後もよろしくお願いします手(パー)
posted by しずか at 15:19 | TrackBack(0) | キモノについて、思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

正月を目指そうかと

 7月末に引越しまして、婚約者と同棲しております。(来年挙式予定)
 病気療養中というのもあるのですが、いやーキモノ、着るテンションになれなくてねー、困った困った。

 同居してる彼は、キモノ姿のあたしを以前一度見ており、
 「また着てよ!そうだ、浴衣!ねーねー!浴衣ー!!」
 と、引越し早々から盛り上がってたのですが、

 「あー…、片付け終わってないし」
 「あー…、気持ち悪い時に帯締めると、もっと気持ち悪くなるし」
 「今日、雨だし」
 「今日、雨 降りそう だったし」

 と、どんどん苦しい言い訳になってまいりました…

 キモノグッズの片付けはとっくに終わっており、着ようと思えばすぐ着れるはずなんですけどね…

 今は、のんびりと、

 「最悪、正月に着れれば良いか」

 くらいに思っております。

 それまでは、キモノに関する本でも読んで、イメージトレーニングしますです。
posted by しずか at 16:50 | TrackBack(0) | キモノについて、思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

初の「お下がり」

 子供の頃、父ちゃんの勤め先の会社の、社長令嬢の「お下がり」の服をいただいて着ていました。貧乏道まっしぐら、「兄ちゃんの」「社長令嬢の」という「お下がり」は、正直「全然欲しくない…プライド傷つく…」
ってなモノでした。
 そんな時代も遠い記憶、ついに、初のキモノ「お下がり」をいただける事になりました!

 あれ?
 キモノの場合は、単純に嬉しい!!
 なぜだー!?
 プライドなんかねぇ!もらえるもんは、みなありがたや!! 


 「お下がり」元は、親戚のおばちゃん。
 そこそこの小金持ちさんなので、キモノも普通に「呉服屋」で買っていたようです。
 つまり…あたしなんぞの古着「キモノ」遊びとは違って、大枚はたいて自分仕様の物を仕立ててもらってたわけです。すげぇ。

 で、おばちゃんも老境に入り、キモノを着るのがかったるくなってきたのでしょう、「若い柄だから、しずかにどうかなと思って」と、母ちゃんを通じて言ってきたって訳っす。

osagari1.jpg

 まずは、キモノ。青地にうっすら凹凸がある、凝ったモノ(写真じゃわからんけど)。
 サイズはピッタリなんだけど、正直、全然好みじゃありません。色も柄も。
 でも、おばちゃんが存命なうちは、大事に着たり・しまったりしておこうと思います。これも縁だからね。

osagari2.jpg

osagari3.jpg


 帯です。ガサガサッとした生地に、微妙な「織り」で模られた、多分「鳥さん」と「馬&人」。
 あまりにも「ざっくり」作られていて、正直、良い物なのかマズイ物なのか、全く判断できません!
 まだ身体に巻いてみてないので、着用可能かも不明。

osagari4.jpg


 羽織です。なんと、長羽織!女性用の長羽織って、あんまり見かけないんだけど、身内からもらえるとは思わなんだ。
 ピンク地に、葉っぱなのか花なのか、判然としない地紋が入ってます。
 これまた正直、「地紋がまるで入ってない方が嬉しかったな…」と、つい思ってしまう一品。
 遠目には無地に見えるから、柄の季節にこだわらんで羽織れそうだけど…

osagari5.jpg


 実は一番嬉しかったのが、二部式襦袢!
 おばちゃん自ら細工したのか、面白い作りになってるんす。
 上半身部分、もんすごい丈が短い。ボレロかってくらいに。丈がある程度以上長いと胴部分でゴロゴロするから、ばっさり切っちゃったんでしょうな。「なるほど」って思いました。
 下半身部分も、腰巻を自分で作ってみたいので、勉強になりましたわ。

 …結局、これらは「若い人」向け、なんでしょうかね?
 あたしは、「おばちゃんでも十分着れる色柄」だと思うんだけども…

 一世代上の方々のキモノに対する見解、どうやらあたしとは違うようであります。
posted by しずか at 15:53 | TrackBack(0) | キモノについて、思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

水の泡とは辛いものですねぇ

 急遽カテゴリを増やしての、愚痴です。

 旧PCから新PCへのデータ移動が出来ず(CDR,CDRW、ほとんど読み込んでくれない機種になっちゃった)、今まで溜め込んでいたこのブログ用の画像データ・文章メモ、

 ぜ〜んぶ、パー!!

 このブログ以外でも、大事なデータがパーになってたりして…。

 ハァ、なんか落ちますねぇ…


 なので、キモノに関する現在のあたくしの心情なぞを書いてみようかなと。

 旧「魁!」の初期のような熱は、はっきり言って、もうないっすね。
 やはり、はやり病のようなものなのかもしれませんな、キモノって。
 マスコミでキモノ「ブーム」とまで言われた現象。あたくしはそのちょい前から発熱してた訳だけども、そういえばもうキモノ「ブーム」って、最近聞かないなぁ。

 ですが、静かなるMYブームとして、死ぬまでキモノは着ると思います。
 買物も、必要最低限していく事でしょう(特に、安い物を…)。
 前のように常にヤフオク看視体制で、古物市も含めて、競り合って・奪い合ってまでして入手したり、人気のお店で貯金がっつり落としたりとかは、おそらくしません。

 これからのあたくしは、某ネットショップ(店長やります)にて、帯留め・半襟・帯(半幅・二部式)・裾避けをショップで売るつもりでいるので、その試作品だけでも相当数になるだろうから、それら「新作」で、十分キモノを楽しく遊んでいけると思うのです。
 自分で作るようになってしまったら、なんだか購買意欲が失せてしまったのですょ。
 「あ、この生地、あたしも持ってる」とか、「なるほど、こういう作りなら、より良く改造して安く売れるな」とか、キモノのお店やネットショップを見ながら考えてしまう。

 もう、 「受身の(消費者としての)キモノ好き」から、 「攻めの(作る・売る)キモノ好き」に変化してしまったのですわな。

 「受身」のままの方がきっと気楽だし、ブームが過ぎたら、キモノを売払っちゃえば良い。
 けども、どうやらあたしの中の「キモノ」は、全てチャラにするほど冷め切ってもいない。

 居合を1年半ほどしているせいか、「キモノ」があまりにも身近で、普通のものになってしまったってのもあるかな。
 
 それでも、コーデのコンセプトをお出かけの数日前からじっくり考えたり、なんだかんだ改造したり・修理したり、勝手にどんどん進んで行くけれど、必ずネット上で披露しよう!とは思わないかも。
 何気ない話は、ショップの方のブログに書くかもしれません。

 データ消失も大きいけど(ネタ五本以上・画像数十枚…)、このブログはしばし、

 冬眠、かなぁ。
 
posted by しずか at 17:11 | TrackBack(0) | キモノについて、思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。